FX初心者入門
  1. Top
  2. » 金融政策為替動向

金融政策を決定するのは中央銀行

スポンサードリンク


政策金利を含めた金融政策を決定するのが、各国の中央銀行です。
中央銀行は、民間の銀行や政府に資金を融資しているだけではなく、通貨を発行できる唯一の銀行で、中央銀行は各国に設置されており、「日本銀行(日銀)」は日本の中央銀行です。
日本では毎月政策金利の変更が行われますが、経済動向によって変更もあり得ます。

各国の中央銀行の名称
・米国 FRB(Federal Reserve Board・米連邦準備制度理事会)
・英国 BOE(Bank of England・英国中央銀行)
・ユーロ圏 ECB(European Central Bank・欧州中央銀行)


金融政策は中央銀行の委員による多数決で決定されています。
その中で、日本、英国、米国はその多数決の票数の内訳が公表されます。
この内訳も為替相場に大きな影響を与えることがあります。

例えば、英国では2007年6月に政策金利水準を据え置くことを決定したものの、反対票(利上げを主張)が4票と賛成票の5票に1票差にまで迫ったことで、次回は利上げが実施されるだろうとの観測が台頭しました。
それによって、次回の金融政策決定会合を待たずに、利上げを見込んだポンド買いによってポンド円相場が大きく上昇しました。

政策金利の他にも金融政策決定会合の際の賛成票と反対票の内訳も注目材料となることがあります。
日本と米国は政策金利とほぼ同時に金融政策決定会合の際の賛成票と反対票の内訳も発表され、英国では政策金利発表から約2週間後に賛成票と反対票の内訳が発表されます。




================================================= FX為替動向 =================================================



FX初心者入門